カテゴリ:ブナの森( 34 )

初冬のブナの森は素っ裸、ブナの森をピックアップ。

c0078410_8382158.jpg


c0078410_8404240.jpg


c0078410_8411158.jpg


c0078410_8424522.jpg


c0078410_844161.jpg


c0078410_8454661.jpg


c0078410_8462279.jpg


c0078410_847423.jpg


c0078410_8473572.jpg


c0078410_8481139.jpg


c0078410_8485499.jpg


c0078410_8492755.jpg


c0078410_849586.jpg


c0078410_8544338.jpg

岐阜県郡上市高鷲町 ホワイトピア上部のブナの森
c0078410_993983.jpg

c0078410_995884.jpg

c0078410_9101480.jpg

■石畳の登山道
c0078410_844646.jpg

■木道の登山道
c0078410_8445818.jpg

■若いブナの森
c0078410_8454465.jpg

■中の平避難小屋
連泊の女性が犬と一緒に・・・洗濯していました
c0078410_8493342.jpg

登山口 勝原スキー場から石楠花平に至る尾根道は老木と若いブナの森が続きます
c0078410_6591244.jpg

c0078410_70766.jpg

c0078410_705491.jpg

c0078410_712571.jpg

c0078410_73912.jpg

c0078410_735094.jpg

c0078410_741958.jpg

c0078410_744198.jpg

c0078410_751150.jpg

c0078410_753626.jpg

ブナの森
c0078410_7161766.jpg

c0078410_7171775.jpg

c0078410_718742.jpg

丸岡谷
c0078410_7191757.jpg

大長山
c0078410_720249.jpg

赤兎山 経ヶ岳 大長山
c0078410_72211.jpg

釈迦岳前峰から釈迦岳
c0078410_7233323.jpg

釈迦岳と七倉山の鞍部
c0078410_7251178.jpg

市ノ瀬から白山釈迦新道往復
別山 千振尾根より優るブナの森
c0078410_2338431.jpg

c0078410_2339232.jpg

ブナの森は水筒要らず 伏流水が地表に
c0078410_23461238.jpg

昨年豊作のブナの実
c0078410_23473646.jpg

恐竜?
c0078410_23484178.jpg

c0078410_2349799.jpg

ブナを漢字で書くと「山毛欅」「椈」「樗」「武奈」「武名」「附奈乃木」「生肴乃岐」
そして木偏に「無」で「木無」(変換で出てこない)と書くのが一般的だ。
「木でない木」と不名誉な表現をされる。あえてブナは「腐りやすい、狂いやすい」と
建設、建築材に不向きだと言う。
木偏に「公」は「松」松は腐りにくく粘りがあって昔から橋脚や家の梁に多く使われている。
しかしブナの森は美しい。だが美しいだけではない。枝を広げた全ての葉に雨水を受け止め枝から幹に流れ根元に集める。
地表の堆積物と土壌に深く浸透させて、その結果ブナの森は天然のダムとなる。命の清水を湧き出して豊穣な森の恵みを与えてくれる。
「木無」ではなく「木有」や「木貴」と書くべきだと林業関係者は言う。

ブナが全国に注目浴びたのはブナの原生林の白神山地。1987年、秋田県から青森県を縦断するスパー林道、青秋林道の中止の異議意見書を集めの住民運動。全国から1万3千通を越す「林道建設反対」だろう。
それから6年後の1993年、世界遺産に登録されるのである。
-------------------------------------------------------------------
店の開業は丁度白神山地の林道問題の最中。店名を何とするかで苦労した。
山仲間の北御大さんに相談、最近郊外の大型ショッピングセンターが新しく開業している。
店名は「ピア」とか「ベル」の二文字、長たらしい店名より二文字が憶えやすいだろうと北御大さんは言う。

地元福井では70年代、初めて登った1000m級の浄法寺山、800m級の大佛寺山、低いところでは日本海に近い600m級の越知山。荒島岳の様な巨木は無いが何れもブナの森がある。当時騒いでいる白神山地のブナと実際山で見ていたブナだった。
まぁ〜山好きのやる店だから木偏に無で「木無」と決めたのです。
建物も山小屋風に、木造100%で「木が無い」のも面白い。口の悪い友人は「気が無いのだろう」とも言う。

87年頃はワープロ全盛、ワープロでは外字が作れたが、それから2〜3年でパソコンが普及し始めた。
困った事に「ぶな」を変換→「木無」が出て来ないのである。
店に来る、ダイレクトメールや請求書は大きな企業はちゃんとした文字なのです。
地元の小さな企業からの請求書などには、ひらがなで「ぶな」とか、「撫でる」の「撫」が結構多いのに驚くのです。なんやかんやで来年は開業20年を迎えるのです。
年はとるものですね〜〜
-------------------------------------------------------------------
初夏のブナ
c0078410_312891.jpg

秋 蔦が纏う
c0078410_7351212.jpg

初冬 素っ裸の森
c0078410_7374631.jpg

春を待つブナ
c0078410_7413691.jpg