46年ぶりの皆既日食が日本で観れる事を数ヶ月前に知る、本土では部分日食だが幸運な事に7月22日は水曜日ではないか037.gifそんな頃の白山はお花畑の最盛期、そうだ〜白山で部分日食を観よう。

あとは天気次第、まだ梅雨は明けそうもない。前夜梅雨前線は日本海上、その前線が南下し深夜に通過しそうだ。通過すれば雨の心配は無さそう、あとは青空が覗けば〜なのだ。日食観れ無くても白山のお花畑で十分満足するのだが、欲張って日食とお花畑を楽しもうと前夜発。

水曜日は別当出合まで通行可能だが、アスファルトの駐車場に明かりがつきトイレもある市ノ瀬で仮眠。深夜1時30分大雨で目が覚める、予報通り前線南下中。(後で判るのだが白峰2時の時間雨量29.5mm。白峰から先、通行止めが2時〜7時まで続く、前夜に入って正解だった)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
福井出発2245===市ノ瀬2350〜510===別当出合520〜540---越前禅定道分岐645〜650---
殿ヶ池避難小屋755---黒ボコ岩900---弥陀ヶ原905〜935---室堂945〜1135----
殿ヶ池避難小屋1310〜1320---別当坂分岐1425〜1435---別当出会1525
◆観光新道往復 ◆出会った登山者 多数 ◆単独行。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
◆別当坂 深夜の大雨で別当坂は滝の様 年々登山道は整備されていますね
c0078410_23534411.jpg

◆仙人窟
c0078410_525914.jpg

◆仙人窟辺りから殿ヶ池避難小屋を見るガスが出始める
c0078410_584827.jpg

◆時々青空も 殿ヶ池避難小屋
c0078410_5104184.jpg

◆殿ヶ池 初めて下山者と出会う
c0078410_513811.jpg

◆最初で最後の別山展望
c0078410_5153160.jpg

◆お花畑
c0078410_5163417.jpg

◆弥陀ヶ原 あれ〜上部はガス、此所で日食観ようかなぁ〜
 三脚立てカメラを準備すること30分、室堂方面に青空が
c0078410_519545.jpg

◆室堂へ急ぐと御前峰も見えるではないか
c0078410_5253685.jpg

◆幸運なことに青空がのぞく 金沢工業大学天文クラブOBの方が解説
c0078410_529636.jpg

◆10時前 天体ショウの始まり
 日食グラスをレンズに被せ撮る、上手く撮れる
c0078410_5351769.jpg

◆外気温は10度、合羽着て空を見上げ首は草臥れ2時間余体は冷えて室堂内の石油ストーブで暖まる。部分日食観れてもう〜満腹、御前ヶ峰に登らず登って来た観光新道へ、花を撮りますか。
室堂後にすると小松のKご夫妻とバッタリ出会うのです。
c0078410_8383361.jpg

◆雲水も登ってきます
c0078410_8431336.jpg


c0078410_8435889.jpg


c0078410_8443882.jpg


c0078410_845876.jpg


c0078410_8465518.jpg


c0078410_8475012.jpg


c0078410_8483038.jpg

花の種類は多く素敵なお花畑に満足します。
室堂後にするとガスは切れているが太陽は全く見えません。欠け始めから最大までどうにか
部分日食が観れました。梅雨空で白山で奇跡とか思いません。素敵な一日ありがとう〜。
今日水曜日は日食。数ヶ月前から白山で見ようと前夜発、市ノ瀬で仮眠。
深夜1時過ぎ大雨で目が覚める。
(後で判るのだが白峰で2時の時間雨量29.5mm。2時〜7時まで白峰から先通行止めの事)
前夜発で良かったぁ〜別当出合5時40分出発、観光新道へ
----------------------------------------------------------------------------------------------------
◆時々青空も
c0078410_2352647.jpg

◆弥陀ヶ原から上は濃いガス ここで見ようか〜
c0078410_2355048.jpg

◆弥陀ヶ原で30分待機していると青空が覗く 室堂へ急ぐ
c0078410_23564044.jpg

◆9時54分 雲は切れ右上から欠け始める
c0078410_23584920.jpg

◆金沢工業大学 天文クラブOBの方が解説し日食グラスまで用意してあります
c0078410_032938.jpg

◆登山者、室堂、神社関係者も観測 ドヨメキと歓声が上がります
c0078410_042329.jpg

◆10時10分
c0078410_051821.jpg

◆10時11分
c0078410_0654.jpg

◆10時24分
c0078410_065087.jpg

◆10時50分
c0078410_072721.jpg

◆10時54分
c0078410_08090.jpg

◆11時00分
c0078410_083949.jpg

皆既日食の見れる悪石島は雨とか
梅雨空で白山で欠け始めから最大まで見られるなんて幸運な事でしょう。
◆登山記録、花は後日。
ハックカントリー最後は昨年同様白山。同行者は燈の宗さん。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
■駐車場から
c0078410_9502421.jpg

■甚之助避難小屋
c0078410_9505297.jpg

■エコーラインから御前峰
c0078410_9533483.jpg


c0078410_954127.jpg


c0078410_9545191.jpg


c0078410_9553924.jpg

■室堂
c0078410_956623.jpg

■室堂
c0078410_9565651.jpg

■別山 室堂 弥陀ヶ原
c0078410_9572586.jpg

■北弥陀ヶ原 三方崩山
c0078410_95803.jpg


c0078410_9585194.jpg


c0078410_9593570.jpg

■高天原からドロップイン
c0078410_1001928.jpg


c0078410_101026.jpg


c0078410_1014353.jpg

■南竜ヶ馬場
c0078410_1021028.jpg

■南竜道
c0078410_1024145.jpg

■順序間違え エコーラインから南竜ヶ馬場
c0078410_15392378.jpg

-----------------------------------------------------------------------------------------------------
福井出発430===別当出合540〜600---中飯場655〜700---別当覗740〜745---
甚之助小屋830〜850---南竜道分岐920---エコーライン1005---室堂1120---
高天原1205〜1210---御前峰1230〜1300---高天原1320〜1340---南竜ヶ馬場1355〜1410
---南竜道分岐1445---甚之助小屋下1500---中飯場1545〜1555---別当出合1635
◆出会った登山者9名 ◆テレマーカー1名
------------------------------------------------------------------------------------------------------
駐車場には4台。山梨からの単独登山者の後を追う。ニリンソウ、ミネザクラを見ながら。
背の板は重く無風で暑い。雪は別当覗過ぎてから甚之助小屋でアイゼン履く。
南竜道分岐は雪は無くエコーラインに取り付き急登に耐え20m程薮をかき分けエコーラインに
出る。
ここまで来ると風景は一変大雪原と御前峰が望める。燈の宗さん歓声。
柔らかい日射しに無風、ノンビリ行きましょう。室堂は重機で除雪中。

室堂過ぎると稲光と雷鳴に体を伏せる程に響きわたる。
東の方から黒い雲が次々とながれパラパラとひょうが落ちてきた。(直径5mm以上を〈ひょう〉と云う)。
高天原手前でアイゼンを脱ぎ夏道を行く。燈の宗さんはもう〜山頂に立っている。
山頂から3名の下山者。

6時間半ようやく山頂に、御岳、乗鞍岳は見えず。黒い雲は切れ初夏の日射しは暖かい。
昼食摂り高天原に下る、高天原からトンビ岩の東斜面を滑ろう〜。昨年と同じコース。

快適ザラメ、トンビ岩手前で何と雪は途切れている。今年は白山も暖冬なのだろう。
10m程薮を漕ぐ、この先斜度が有ってええ〜斜面。南竜ヶ馬場に近づくにつれ深いたて溝、
スキーは難儀するところだがボードはさほど苦にならない。

南竜ヶ馬場に着くと暗い空に変わって、またひょうが落ちてきた。
南竜道分岐への登りでみぞれから057.gifが本降りになってきた。
稲光と雷鳴が真近に怖いです。

南竜道分岐から甚之助小屋下まで雪は繋がっている。二度目の滑降、枝を払いながら057.gifの中、今シーズン最後を楽しみました。

雨は降り続き登山道は川の様相。雨を想定してないブーツの中は水浸し、板を背負っているからリュックカバーも着けられずリュックは雨を含んで重みを増す。

最後に057.gifに降られましたが、青空に無風の中の登りと素敵な滑りを完結。
来シーズンに向けて体力増強に励み〜しかし体力維持が目一杯かも知れない。
一発勝負の水曜日、一昨年に増して昨年も晴れてくれました。
山に登って白山連山望めるとヤッターです〜気分爽快になります。
山に登った日の白山連山展望の写真を集めてみました。
----------------------------------------------------------
■鳴谷山 5月21日
c0078410_634173.jpg

■白山バックカントリー 5月28日
c0078410_6364655.jpg

■白山釈迦岳 7月16日
c0078410_638238.jpg

■別山 7月30日
c0078410_6394085.jpg

■白山 8月6日
c0078410_6411359.jpg

■経ヶ岳 9月10日
c0078410_6421455.jpg

■赤兎山 9月17日
c0078410_6445587.jpg

■大日ヶ岳 9月24日
c0078410_6455836.jpg

■焼岳 10月1日
c0078410_6465928.jpg

■野谷荘司岳 10月15日
c0078410_6475115.jpg

■銀杏峯 11月5日
c0078410_6502672.jpg

■医王山 11月12日
c0078410_652589.jpg

■伊吹山北尾根 国見岳 11月26日
c0078410_6532328.jpg

■ホワイトピアたかす 12月3日
c0078410_6542826.jpg

■ホワイトピアたかす 12月10日
c0078410_6572657.jpg